地球に優しい活動中

安孫子 雅浩

令和3年が明けました。

元旦は雪と氷点下の一日でしたが、塩釜神社から仙台市役所まで今年は単独走になりました。国道の真っ白な歩道に足跡を刻み続けた2時間半の間「負けねどコロナ」を心の中で繰り返し続けました。
1年前には世界中の誰も予想しなかった、大変な事態の中で令和3年は始まりました。辛丑(かのとうし)の今年は、変わり目で成長が期待できる春へと向かう時期なのだそうです。
コロナによる新たな日常の下での事事を、マイナスばかりと捕らえずプラスに転じて行く今年なのかもしれません。
市議会は5日に臨時会を開きます。今年は仙台市の新たな総合計画が4月からスタートし、介護保険計画も改まります。そして夏から秋にかけて市長、知事、国会の3つの選挙も行われます。
会派の同僚議員と共に、市民の安全を守り抜くために努力して行きます。
皆さん、前を向いて進みましょう。

最近の活動から


  • 青葉区吉成に特養ホーム青葉ふるさと村が開所します

  • 市議会予算委員会にて会派総括質問に立ちました

  • 私もベガルタボランティア17シーズン目になります

  • 仙台市国際センターで全国救急隊員シンポジウム開催

  • HISタイ訪日推進企画推進チームからヒアリング調査