地球に優しい活動中

安孫子 雅浩

5月を迎えました

木々の若葉は萌え、杜の都の街並みが緑に輝く5月を迎えました。
大型連休中は多くの観光客が市内各地を訪れ、連休明けには仙台国際ハーフマラソン並びに仙臺青葉まつりが2週続けて市内中心部を彩ります。
今年は仙臺藩祖伊達政宗公 生誕450年の節目にあたり、青葉まつりには伊達家所縁の宇和島市や米沢市、白老町等からも来仙いただく予定です。
新緑に杜の都が一層の輝きを増し、街は彩りが溢れる中にあって今回肝心なのは、奥山市政を継承する新市長候補の擁立です。
新たな市長に求められるのは、仙台市の為のみならず、まして宮城県の為のみならずの東北地方全体を俯瞰する視野を持った賢者なのです。何故なら新市長は、その任期中に次期仙台市総合基本計画(マスタープラン)を策定するのであり、策定にあたっては白河以北東北のリーダーとしての充分な識見が必要となります。
その事の重み故か、未だ候補表明する者無く、市長選告示日までのカウントダウンは続きます。
奥山市政の着実な継承とともに、これからの東北のあるべき将来像を描くリーダーの擁立に、仙台市議会としてもあたっていきたいと思います。(そこには国の与野党対抗劇などが入り込む余地は無く、、)

青葉まつり期間中に、私は議長代理として米国ダラス市へ姉妹都市締結20周年公式訪問団として行ってきます。全米各州の中で最も経済成長率も人口増加率も高いテキサス州にあって、ダラス市は世界第2位の国際空港を擁する国際ビジネス都市なのです。

最近の活動から


  • 第27回仙台ハーフマラソン大会前夜祭、中本選手と

  • ハーフマラソン国際姉妹都市選手団受け入れ式

  • 民間運営一年の農業園芸センターにGW多くの入園者

  • 他都市からの行政視察に3市議会が仙台市議会に来議

  • 名取川の河口。川向うには閖上の復興住宅が建設中
;