地球に優しい活動中

安孫子 雅浩

寒さ厳しき2月に

寒い日が続いています。生まれて8歳まで北海道帯広市で育った私でも、連日の氷点下5度はこたえます。
皆さん呉々も体調管理と足元には、お気をつけください。
さて、仙台市議会平成30年第1回定例議会が、13日から来月中旬までの予定で始まります。昨年夏に郡市長に改まり、今回は郡市長の下での新年度予算提案であり、郡カラー溢れる各種施策の提案が期待されます。
市長も議会も仙台市民の代表として、第1回定例議会ではより一層、緊張感ある質疑を行っていきたいと思いますので、皆さんどうぞ御注目ください。

さて、その定例議会直前に我が会派有志議員はタイ王国バンコク都を訪問します。目的は、タイをはじめとするインドシナ諸国からの旅行客等インバウンドの促進、並びに従来より仙台市が築いてきた各種関係団体との連携の確認です。
しかしながら、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア等の国々は国民平均年齢が20代であり、47歳の我が国とは異なり経済成長も上昇中です。ここ数年、仙台市内でも飲食店やコンビニをはじめ、多くのアジア系外国人を見かけるようになりました。少子化が進む我が国では建設や食品/水産加工に加えて、新たに介護等あらゆる分野において今後、アジアの若者達に支えて貰わなければならないと考えます。

政治は現実です。私は、身近な日常の問題から将来的な課題まで、出来る限り果敢に攻めて行きたいと思います。

最近の活動から


  • 鶴が丘まなこみネット主催の餅つき団子刺しに参加

  • 消防出初め式では研かれた技、伝統梯子乗りが披露

  • 中央卸市場初セリはどの会場も活気に溢れていました

  • 瑞鳳殿にて拝礼式の後は仙台藩志会玄武隊による演武

  • 仙台商工会議所の新年賀詞交換会での鎌田会頭の挨拶